« 薬膳料理とは? | メイン | 薬膳の効果 »

薬膳の歴史

薬膳料理は、近年様々なレストランなどでも取り入れられてきたものですが、歴史は非常に深いものです。

中国には、中国医学というものがあります。
中国の王朝が薬膳の起源であると言われており、皇帝に食事を出す上で利用されていたのが薬膳の始まりなのです。
皇帝に出す食事は、食医が全て管理していたのです。
健康や病気のことを考えた上で、様々なメニューが考えられており、食べるものによって病気の予防に繋がっていたとも言われています。
日本では、栄養学というものを基本として、病院ではメニューが考案されているものです。
しかし、中国では、薬膳が大きく関係しているという違いがあります。
薬膳にはそれだけ深い歴史があり、また実際に効果が認められていることから、日本でも取り入れられるようになったのです。

薬膳という言葉自体は、1980年代から徐々に広まり、中国では本の出版やレストランなども出店され始めました。
それを機に、世界中へと薬膳のことが知れ渡るようになり、日本では現在、アレルギーの治療として薬膳が取り入れられることも増えています。
栄養学には、科学的な根拠があるものですので、それと薬膳を組み合わせることにより、更に健康増進などに繋がると考えられています。

今後も薬膳料理は、ますます私たちにとって身近な存在になることでしょう。
自宅でも手軽に調理できるものですから、学んでみるのも良いかと思います。
歴史深い薬膳料理がどういったものか知ってみてはいかがでしょうか。

About

2011年01月25日 16:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「薬膳料理とは?」です。

次の投稿は「薬膳の効果」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。