« 秋におすすめの薬膳 | メイン | 冬におすすめの薬膳 »

秋の薬膳レシピ

薬膳料理というと、作るのが難しいイメージが強いかもしれませんが、決してそういうわけではありません。
中には非常に簡単なレシピもあり、その1つが豆腐ステーキです。
薬膳料理を学んでいない方でも、豆腐ステーキを作ったことがある方も多いでしょう。
豆腐ステーキも、実は秋にぴったりの薬膳料理なのです。

材料は、豆腐1丁、しいたけやしめじなどのきのこ類、長ネギ、黄耆、中華スープの素、片栗粉、こしょうです。
作り方は最初に黄耆は水でじっくりと煮てだし汁をとりましょう。
豆腐は水気をよく切り、片栗粉を周りにまぶしておき、最初にフライパンで焼いておきます。
その間にきのこ類や長ネギを適当な大きさに切り、フライパンで炒めましょう。
豆腐ときのこ類などを一緒のフライパンに入れ、黄耆のだし汁と中華スープの素、こしょうなどで味付けをした後、水溶き片栗粉でとろみを付ければ完成です。
非常に簡単にできる料理であり、お肌の乾燥を補う効果がありますのでおすすめです。

また、デザートに杏仁豆腐はいかがでしょうか。
材料は、牛乳2と2分の1カップ、杏仁霜30g、水2分の1カップ、砂糖大さじ2、ゼラチン10gです。
シロップは、水1カップ、砂糖大さじ2です。

作り方は最初に分量以外の水でゼラチンをふやかしておき、その後電子レンジにかけて溶かします。
鍋に水と杏仁霜、砂糖を入れ、加熱しながらよく混ぜ、温まったら牛乳を入れましょう。
火をとめてゼラチンを加えたら、しっかりと混ぜ合わせ、粗熱を取ります。
後は容器に入れ、冷蔵庫でしばらくおいて固まれば完成です。

こういった薬膳料理を組み合わせて、秋の味覚を楽しみましょう。

About

2011年01月25日 16:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「秋におすすめの薬膳」です。

次の投稿は「冬におすすめの薬膳」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。