« 秋の薬膳レシピ | メイン | 冬の薬膳レシピ »

冬におすすめの薬膳

冬は非常に寒い季節ですから、外に出たくなくなってしまいますよね。
そういった時には温かいものを食べて体を温めたいと思うことでしょう。
薬膳の考え方としても、体を温めることは大切ですが、それに加えて腎機能を高めることも大切だと考えられています。

たとえば、腎機能を高める食材として、エビやくるみなどがあり、すっぽんやあわび、黒ゴマ、鴨肉などは腎機能を高めるだけでなく、体に必要不可欠である水分を補給するのにも効果的です。

そして当然体を温める作用のある食材も大切であり、山椒やにんにく、ねぎ、鶏肉、かぼちゃ、唐辛子などがあります。

反対に、冬には体を冷やす作用のある食べ物は避けた方が良いと言われています。
たとえば、夏野菜であるトマト、きゅうり、そして大根やにんじん、バナナ、柿なども体を冷やす作用があるのです。
意外だと感じる食材もあるかもしれませんが、薬膳料理について学んでいるうちに、簡単に傾向を掴めるかと思います。

冬には風邪をひいてしまうことも多く、体調を崩しやすくなりますので、できるだけ毎日の食事において、体を温めるようにこころがけましょう。
たとえば、発汗作用のあるしそやしょうが、ねぎなどの食材を摂取すると良いですね。
冬には鍋をすることも多いと思いますので、こういった事を頭に入れた上で、多くの腎機能を高める野菜を鍋に入れ、美味しく風邪の予防に努めましょう。
家族みんなで、風邪をひかずに健康的に冬を乗り切りたいものですね。

About

2011年01月25日 16:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「秋の薬膳レシピ」です。

次の投稿は「冬の薬膳レシピ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。