« 冬の薬膳レシピ | メイン | 薬膳アドバイザーとは? »

薬膳料理の資格とは?

薬膳料理は、自宅で手軽に調理することもできますが、より本格的に薬膳料理について学びたい場合、資格を取得するという方法もあります。

たとえば、国際薬膳調理師という資格がありますが、これは中国政府の国家中医薬管理局にある中華中医薬学会が認定しているものです。
試験については、日本で受けることができます。

また、この試験を受けるためには、薬膳インストラクター、若しくは薬膳調理指導員の中級の資格を取得している必要があります。
そして、薬膳インストラクター、若しくは薬膳調理指導員の中級資格を取得するためには、薬膳アドバイザーの初級を取得していなくてはなりません。
ですから、国際薬膳調理師の資格を取得するのは、簡単な事では無いでしょう。

薬膳料理というのは、中医学を利用したものです。
つまり、医学的な知識を学んだ上で薬膳料理を作るというのが理想とされるため、こういった資格が設けられています。
曖昧に作るのではなく、薬膳の正しい知識を学んだ上で、毎日の料理にその知識を活かすことが大切だということですね。
確かに、知識を学ぶことによって、より病気の予防など、多くの効果を得ることに繋がるかもしれません。

また、薬膳料理の資格を活かした仕事もありますので、薬膳料理が好きな方は、これを毎日の仕事にするために資格取得を目指す場合も多いのです。
一から学ぶのは容易なことではありませんが、自分のためだけでなく、その料理を食べる家族のためにもなるのではないでしょうか。

About

2011年01月25日 16:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「冬の薬膳レシピ」です。

次の投稿は「薬膳アドバイザーとは?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。