« 薬膳料理の食材 | メイン | 春の薬膳レシピ »

春におすすめの薬膳

私たちは、普段生活していてあまり気付かないかもしれませんが、季節によって体調も変わっているものです。
たとえば、春には花粉症が流行しますよね。
花粉症によって、体の調子が悪くなる方も多いでしょうが、そういった時には薬膳料理が効果的です。

気温の変化によって風邪をひくことも多く、風邪を予防するためには、しそやねぎ、ごぼうなどの食材を組み合わせて、薬膳料理を作ると良いでしょう。
これらには、発汗作用がありますので、こういったものを毎日食べることで、風邪の予防に繋がります。

また、肝機能を整えるために効果的なのが、セロリやあわび、菊の花などです。
肝機能を整えると同時に、消化吸収機能を正常にすることも大切ですから、長いもやかぼちゃ、じゃがいも、鶏肉、とうもろこしなどの食材を摂取することもおすすめします。
ストレスによって肝臓の機能が衰えてしまうこともありますが、それによって便秘や下痢といった症状が起こることもありますので、そうならないためにも積極的に春にはこういった食材を使用して薬膳料理を作りましょう。

そして、梅雨になるとジメジメしますので、気分が暗くなることも多いのではないでしょうか。
そういった時にも、薬膳が活躍します。
たとえば、消化吸収力を向上させ、胃腸機能を正常にする働きのある食材として、とうもろこしやかぼちゃなどがあります。
また、むくみで悩んでいる女性も多いと思いますが、そういった時には黒豆やさくらんぼ、昆布といった利尿作用のある食材を摂取すると良いでしょう。

このように、季節に合わせて効果的な食材がありますので、うまく利用してみてください。

About

2011年01月25日 16:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「薬膳料理の食材」です。

次の投稿は「春の薬膳レシピ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。